アロマテラピーを始める前に

ご使用につきましては、当店の説明ページ以外にも書籍、インターネットなどでお調べ頂き、ご自分に合った方法で自己責任の下でご利用くださいませ。

また、健康状態に気になる事がある方や、通院中の方は必ず医師や専門家にご相談の上ご利用くださいませ。

また、当ショップページでご紹介している、精油の特徴やレシピ等はセラピスト、スタッフの経験や学習を元にご案内しております。必ずしも全ての方にあてはまるものでないという事をご理解くださいませ。

精油の保存について

  • 直射日光、高温、多湿を避けて冷暗所
  • 瓶は立てて保管
  • ペットやお子様に注意
  • 火気に注意
  • 直射日光、高温、多湿を避けて冷暗所にて保管してください。
  • 瓶は立てて保管してください。(長時間蓋に精油がついていると、蓋が溶けてしまう事があります)
  • ペットやお子様の手の届かないところに保管してください。
  • 精油、キャリアオイル等は引火性です。火気に注意し、保管してください。
  • 精油を保存する時はガラス瓶
  • 蓋を閉めて
  • 開封後は早め
  • プラスチックの容器やゴムのスポイトは、精油で溶けてしまう事があります。精油を保存する時はガラス瓶での保存をおすすめします。
  • 使用後はしっかりと蓋を閉めてください。
  • 開封後は早めに使い切ってください。
  •  

保存期間のご案内

ご使用上の注意

多くの精油は、開封後約半年~1年が使用の目安となっております。
しかしながら、柑橘系の精油は、香りの変化が早いため、
開封後3ヶ月を目安に使い切ることをおすすめいたします。

上記の使用期限は、通常のショップさまより、短めにご案内しております。
これは、当方にて、仕入先からのボトルより、手作業にて再度ボトリングしているからとなります。

実際、仕入先の有効期限の半分~1/4にてご案内しております。古い商品をご案内しているためではないことをご理解いただけましたら幸いです。


保存期間の目安

柑橘系精油柑橘系未開封3ヶ月精油柑橘系開封なるべく早めにその他の精油その他の精油未開封約1年その他の精油開封後約6ヶ月年 キャリアオイル未開封約1年キャリアオイル開封6ヶ月 フレグランスオイル未開封約2年フレグランスオイル開封約1年 ハイドロゾル&インフューズドウォーターフローラルウォーター未開封約2ヶ月フローラルウォーター開封後約1ヶ月

保管状態により、記載の期間内より早く劣化してしまう場合があります。
保管にはご注意くださいませ。


精油のご使用上の注意

飲用しないでください 塗布しない パッチテストを行う 精油を確認してからご利用ください。

精油など、飲用しないでください。

精油の原液を塗布しないようにしてください。(一部精油除く)


ご使用前には必ずパッチテストを行ってください。敏感肌やアレルギーのある方は特にお気をつけ下さい。

乳幼児、妊婦、ペット、てんかん、高血圧など使えない精油を確認してからご利用ください。

光毒性に注意 高濃度の精油に注意    

光毒性のある精油は、直射日光にあたるとしみになる場合があります。

目や口、鼻など、粘膜に高濃度の精油が付くと、刺激を感じるので注意してご使用ください。(精油の付いた手で目などこすらないようにしてください。)

   

精油の使い方

アロマテラピーを楽しむ方法はいくつかありますが、まずは簡単な芳香浴をオススメします。
芳香浴とは、空気中に香りを拡散させ鼻から吸入する方法です。

マグカップを使って
マグカップ(陶製orガラス製)など、少し深めの容器にお湯を入れて、アロマオイルを1~2滴垂らします。どこでも手軽に香りを楽しむことができます。
マグカップを使って

アロマランプを使って
電球の熱で温めて、香りを拡散させる器具。火を使わないので安心です。ランプの優しく暖かい光にも癒されます。
アロマランプを使って
アロマランプ一覧>>
ディフューザーを使って
ディフューザーとは、アロマ専用の芳香拡散器具のことです。長時間香りを楽しむのにオススメ。香りのミストが”ふゎ~~♪”と広がります。
ディフューザーを使って
ディフューザー一覧>>