妊娠中のアロマテラピー

妊娠中の女性の体は胎児の成長に伴い、さまざまな変化があります。
その際にアロマテラピーが役に立てる事も多くあります。

アロマを上手に取り入れば、ママの心の安定、リラックスにもつながります。
ママの心が元気なら、お腹の中の愛おしい赤ちゃんも、
きっとすくすくと育ってくれることでしょう。

アロマテラピーは様々な楽しみ方がありますが、安全に楽しんで頂く為に
このページがお役に立てれば幸いです。


安全にお楽しみいただく為に

  • 濃度は低濃度で
  • 医師にご相談の上ご使用ください。
  • 濃度は低濃度で行うようにしてください。
  • 体調が思わしくない場合、ご心配のある場合は、医師にご相談の上ご使用ください。


精油は、100%pureなものとなります。成分調整のための添加や除去等は一切行われておりません。そのため、当然のことながら、毒性成分が含まれている精油もございます。精油の中には、子宮の収縮や流産を促す働きや、神経毒性の強いもの、刺激の強いものが数多く存在します。ママ自身のお体、お腹の中の小さな大切な赤ちゃんを守り、快適で健康な妊娠生活を送るためにも、精油の働きや、注意、禁忌とされている精油をご確認されることをオススメいたします。使える精油の安全性ををよく確かめてから、ご使用くださいませ。

芳香浴の方法

アロマテラピーを楽しむ方法はいくつかありますが、妊娠中は“芳香浴”が
一番安心でおすすめな方法です。

芳香浴とは、空気中に香りを拡散させ鼻から吸入する方法です。
アロマオイルを使って、お部屋にやさしい香りを広げることで、ゆったりとした気分を味わうことが出来ます。

なお、妊娠中は、嗅覚が敏感になる場合がございます。
精油は、必ず低濃度でご利用いただき、体調に十分に注意をしてお楽しみください。

アロマランプやアロマディフューザーで・・・ ハンカチやティッシュに精油を1・2滴垂らして マグカップに精油を1.2滴垂らして

アロマランプやアロマディフューザーで・・・

ハンカチやティッシュに
精油を1・2滴垂らして

マグカップに精油を1.2滴垂らして
香りを楽しむ

マスクに精油を1・2滴垂らして バスタブの中に2・3滴垂らして ルームスプレーでシュッと!!

マスクに精油を1・2滴垂らして

バスタブの中に2・3滴垂らして
(バスオイルや天然塩で必ず希釈をして)

ルームスプレーでシュッと!!


妊娠中に使用可能な精油

いろいろな文献、協会などにより、情報が異なる場合があります。
ここでは、一般的に妊娠期間中に使用可能な精油といわれている
精油をご案内させて頂きます。

柑橘系

グレープフルーツピンク グレープフルーツホワイト オレンジスィート オレンジブラッド

グレープフルーツピンク

グレープフルーツホワイト

オレンジスィート

オレンジブラッド

オレンジビター タンジェリン ベルガモット ベルガモットベルガプテンフリー

オレンジビター

タンジェリン

ベルガモット

ベルガモット
ベルガプテンフリー

マンダリン レモン ライム  

マンダリン

レモン

ライム

妊娠中も上手にアロマを取り入れれば、十分にお楽しみいただけます。

お腹の中で新しい命を育む、一生の中で最も神秘的な時期。
ぜひ、素敵なマタニティライフをお送りくださいませ。